岸辺露伴は動かない「ザ・ラン」の実写ドラマの感想!その後の考察とネタバレ解説も

岸辺露伴は動かないザ・ランの実写ドラマの感想!その後の考察とネタバレ解説も

岸辺露伴は動かないの実写ドラマ「ザ・ラン」が好評です!

笠松将さんの筋肉や肉体美、もちろん高橋一生さんの演技や仕草もよかったですね!

そこでこの記事では、テレビドラマ岸辺露伴は動かないの「ザ・ラン」の感想をまとめてみました。

この記事の内容
  • 実写ドラマ「ザ・ラン」の世間の感想
  • 「ザ・ラン」のネタバレ解説&その後の考察

ドラマの感想だけでなく、「ザ・ラン」のあらすじやネタバレ解説、気になるその後の考察もしているので、良かったら最後まで読んでみてくださいね。

もくじ

岸辺露伴は動かない「ザ・ラン」実写ドラマの感想

テレビドラマを見た世間の感想を紹介します。

高橋一生さんはもちろんですが、笠松将さんの筋肉や飯豊まりえさんに対するコメントも多かったです!

ジャイブ

笠松将さんは、ムキムキだけど筋肉マッチョというよりアスリートな肉体だなと思いました。暑苦しくない筋肉で、美しくてかっこ良かったですね!
そして、飯豊まりえさん!とっても可愛かったですね♪

原作漫画のファンは「ザ・ラン」のストーリーや演出についての感想をしていましたよ。

笠松将さんとの筋肉美や高橋一生さんの演技をもう一度見たい人は、「ザ・ラン」の笠松将の筋肉がヤバイ!動画はどこで見れる?の記事で視聴方法について解説しているのでぜひチェックしてみてください。

次はネタバレありの解説と物語のその後についてお話しますね。


「ザ・ラン」原作ネタバレ解説&その後の考察

主人公の橋本陽馬は21歳の駆け出しモデル、身長は178cmです。

筋肉に魅せられた橋本陽馬は原作では以下のような異常な行動をします。

  • 恋人の部屋に筋トレグッズを持ち込み、部屋で縄跳びをする
  • 恋人の住居にボルダリングのホールドを勝手に取り付ける
  • 炭水化物抜きでタンパク質が摂れる食事メニューを彼女に指示
  • 筋トレのために彼女との遊びの誘いを断る
  • 朝4時に起きて10km走るために19時過ぎに寝る
  • 恋人の財布からお金を抜き取ってプロテインを買う
  • 恋人のキャッシュカードから27万円引き出しパーソナルトレーナー代を支払う
  • 筋肉のための生活を邪魔してくるという理由で恋人の首を折る
  • 夜の睡眠を妨げたとして配達員を襲う

そんな橋本陽馬と岸辺露伴はジムで出会い、2人はランニングマシンを使った勝負をすることになります。

1回目はちょっとグレーな手法で岸辺露伴が勝ちますが、後日の2回目の勝負の時には陽馬の肉体が異常なほど進化していました。

背筋とふくらぎの筋肉はまるで羽のような形に膨らんでいたのです。耳の後ろも筋肉が羽の形に。

陽馬は筋肉の神「ヘルメス神」の化身になっていました。

もはや人間ではない陽馬とランニングマシンで普通に勝負したら勝てないので、露伴はスタンド能力「ヘブンズドアー」を使い勝利。

負けた陽馬は8階にあるスポーツジムから落ちていきました…。

「ザ・ラン」の原作はその後はどうなっているのでしょうか。

8階から落ちた陽馬ですが、露伴は「橋本陽馬はまだ生きている」と感じていました。

ビルの壁にしがみついてるはずだと。

割れた窓ガラスから下を覗けば、下から自分に攻撃してくるのではと思い橋本陽馬の安否を確認することやめ、ジムから逃げる(ザ・ラン)することにします。

ジャイブ

岸辺露伴はこの時の勝負で、右手の薬指と中指の骨を粉砕しており、全治4週間の怪我を負いました。

普通の人間なら助かりませんが、陽馬は人間離れしていたので生きているでしょう。

また、異様な執着心を持っているので、もしかしたら露伴に復讐する隙を狙っているのではないでしょうか。

今は空前の筋トレブームです。もしかしたら橋本陽馬のような筋肉の神に取り憑かれた人が現実にいるなんてことも…。

岸辺露伴は動かないザ・ランの実写ドラマの感想!まとめ

高橋一生さんと飯豊まりえさんのコンビがやはり面白かったですね!

2人とも役にばっちりハマってました。

また、筋肉に魅せられた男を見事に演じ切った笠松将さんにも焦点が当りました!

想像以上に引き締まった体でびっくりです。

笠松将さんの肉体美を見逃した人や再度見たい人は、「ザ・ラン」の笠松将の筋肉がヤバイ!動画はどこで見れる?の記事を参考にしてみてください。

筋肉ばかりに目がいって、ストーリーを追えなかった人もぜひ!笑

また、原作漫画がもともと面白いので良かったらチェックしてみてください。原作の漫画は2巻のみで、短編小説も2冊のみです。

よかったらシェアしてね!
もくじ
閉じる