富山のかまぼこは全国的にも珍しい!見た目や味で選べるのでギフトやお土産にも!

みなさんが普段の生活で食べるかまぼこは、スーパーで売っている板に乗った白色やピンク色のかまぼこですよね。

ですが北陸(特に富山と石川)では赤色のナルト状のかまぼこ、昆布のナルト状のかまぼこも同じように普段から家庭で食べます。

赤色と昆布だけでも特徴的ではあるのですが、さらに富山のかまぼこはオリジナリティがあり必見です

あまり全国的に知られていないので今回は北陸のかまぼこ事情、特に富山のかまぼこについてお話したいと思います。

目次

赤色の渦巻きかまぼこ「赤巻き」&昆布の渦巻きかまぼこ「昆布巻き」

白色とピンク色の板かまぼこ以外に、北陸では「赤巻き」と「昆布巻き」と言われるかまぼこもごく当たり前に家庭で食べます。

大きさは板かまぼこと同じようなサイズですが板には乗っていないのが特徴の一つです。

見た目は昔ながらのラーメンに入っているナルトのような感じで、赤色の渦巻きかまぼこを「赤巻き」と呼び、昆布の渦巻きかまぼこを「昆布巻き」と呼びます。

わたしの家庭ではうどんに赤巻きかまぼこが必ず入っています。最近はあまり見かけないかもですが、ラーメンにも赤巻きかまぼこを入れているお店もありますね。

昆布巻きは昆布を巻いているだけあって独特のかまぼこなので食べない家庭もあります。

とくに子供は昆布を巻いたかまぼこの美味しさは分かりません。

わたしの実家でもごく稀に母親が買ってくることがありますが、基本的には赤巻きか通常の板かまぼこです。

Uターン移住して久しぶりに昆布巻きを食べたのですが大人になってわかる味ですね。

昆布そのものが巻かれているので味がついていて美味しいです!

というわけで北陸の特に富山県と石川県では赤巻きという渦巻きかまぼこ、昆布巻きという渦巻きかまぼこを食べるということを知っておいてください。

デコレーションかまぼこは必見!お祝い事やギフトにも

富山県には赤巻きと昆布巻きのかまぼこ以外に、バリエーション豊かなかまぼこが多数作られています。

かまぼこのバリエーションって一般的には、チーカマ(チーズ入りかまぼこ)や笹かまぼこ、カニ風味のかまぼこが有名だと思います。

しかしながら富山ではそのような味によるバリエーション以外に、見た目にインパクトのあるデコレーションかまぼこが作られているんです。

  • 赤色に対抗して青色の渦巻きかまぼこ「青巻き」
  • 鯛の形をした魚型のかまぼこ
  • 蟹の形をした蟹型のかまぼこ
  • 「寿」や「祝」と書かれためでたいかまぼこ
  • お雛様や兜、こいのぼりの形をしたかまぼこ
  • キャラクターの顔をしたかまぼこ
  • バナナの形をしたかまぼこ

青・赤・緑・黄色などいろんな色が使われていて、一時期流行った携帯のデコレーションのように派手です。また、ボコボコしていて立体的です。

デコレーションかまぼこはお祝い事やプレゼント、お土産など非日常的なシーンでの利用を対象にした商品です。

魚のすり身で作っていることには変わりませんが、富山のかまぼこはふっくらしていて通常の板かまぼこより味わい深いです。

見た目のインパクトはありますし実際に美味しいですし、贈り物に喜ばれるでしょう!

独自のかまぼこ文化を進化させている富山県ですが、「味」のバリエーションも進化しているので次はそちらを紹介します!

見た目じゃなく味にこだわった創作かまぼこも豊富!

わたしが高校まで石川県にいた時は、先ほど紹介したデコレーションかまぼこが一部存在していたくらいでした。

ですが、2000年代に入ってからは技術の進化、企業努力でしょう味にこだわったかまぼこがたくさん作られるようになったようです。

お酒のおつまみになるし、おかずの一つになるし、居酒屋や料亭で出せる一品にもなるようなかまぼこたちです。

例えば、

  • あなごを乗せたかまぼこ
  • 鮭を乗せたかまぼこ
  • 富山名産の白海老を使ったかまぼこ
  • うにを使ったかまぼこ
  • ヨモギを練り込んだかまぼこ
  • チーズとの相性にこだわったかまぼこ

わたしは2015年くらいに上記のような美味しい創作かまぼこに初めて出会いましたが、北陸の人でも全員が知っているわけではありません。

石川県にいたとしても富山に行った時に買ってきたり、ネットショップで注文したりして買うのが一番身近です。

こんなに美味しいのだからぜひ全国のみなさんに知ってもらいたいです。

料理や食事が好きなグルメな方には、デコレーションかまぼこよりもこのような味にこだわったかまぼこを贈り物にすると喜ばれますね!

あなごや鮭と一体型になったかまぼこは個人的におすすめです。

まとめ:見て楽しい味わって嬉しい富山のかまぼこ

デコレーションかまぼこ、味にこだわった創作かまぼこどちらも日本の中でもオンリーワンだと思います。

見た目で喜ばせることも、味で喜ばせることもできるので、贈り物の際には候補に入れるといいでしょう。

かまぼこは普段の食事の一品になるので気軽に取り入れられますよ。

富山駅や富山空港でもかまぼこは購入可能なので旅行の際にはぜひ実物をチェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる