Aimer(本名は藤本恵実)の出身高校は熊本のどこで大学は慶應?身長年齢などプロフィールを調査!

Aimer(本名は藤本恵実)の出身高校は熊本のどこで大学は慶應?身長年齢などプロフィールを調査!

Aimer(エメ)さんの本名が藤本恵実だったり、出身地が熊本県という噂について調べてみました。
プロフィールが謎に包まれていますが、身長や年齢はだいたい判明!

この記事の内容
  • Aimerの本名は藤本恵実で熊本が出身地
  • Aimerの出身高校は熊本県?大学は慶應?
  • Aimerの身長や年齢などのwikiプロフィール

Aimer(読み方エメ)さんは、人気テレビアニメ『鬼滅の刃』のテーマ曲や映画主題歌までも担当する女性アーティストで、他にも様々なアニメの主題歌を歌っています。

Aimerさんの曲を聞いたことのある方なら、彼女の甘い歌声に魅了されたことがあるはずです。

そんなAimerさんの本名や出身地、年齢や身長などプロフィールが気になる人が多いようです。

また、高校や大学などの学歴についても調べてみたので紹介しますね!

もくじ

Aimer(読み方エメ)の本名は藤本恵実で熊本が出身地?

Aimer(エメ)という特徴的な名前をされているので、Aimerさんの本名が気になる方が多いようです。

Aimerさんの本名は『藤本恵美』なのか、出身地は熊本県なのかについて解説します!

まずは、Aimerさんの本名から調べた結果を紹介しますね。

Aimerの本名は藤本恵美で確定?

Aimerさんのプロフィールは基本的には全ての情報が非公開で、本名など本人から公式に発表されている情報はありません。

ですが、インターネットで『Aimer 本名』と調べてみると、『藤本恵実』という女性の名前がヒットします。

こちらの女性が藤本恵実さんです↓

藤本恵美さんとは、2010年に開かれた『レコチョクオーディション』の参加者で、なんと最終審査の3人のうちの1人まで残った歌がうまい実力者です。

藤本恵美さんはこのオーディションでは残念ながら優勝には届きませんでしたが、3名が最終審査で歌った課題曲は玉井健二さんという方がプロデュースした曲です。

藤本さんは審査で、玉井健二さんプロデュース&作詞の『play』という曲を歌いました。

そして、Aimerさんが2011年に出した2枚目のシングル『Re:play』という曲の作詞が、なんと『play』を作詞された玉井健二さんなんです。

『play』と『Re:play』は、曲タイトルからして関連性があるのが分かりますよね。
実際に、レコチョクオーディションの最終審査にて、ファイナリストが歌唱した審査対象曲『pray』を原曲としていることが明かされています!

レコチョクオーディションで『play』を歌ったのは藤本恵実さんなので、Aimerさんの本名が『藤本恵実』であることとかなり濃厚な繋がりがあると言えますね。

また、玉井健二さんは2017年に行われたインタビューで、『Aimerさんと出会ったのは6.7年前』と答えているので、2017年から7年前ということは、2010年のレコチョクオーディションと同時期に当たります。

6、7年くらい前に、とあるきっかけがあって、Aimerの歌を聴いたんですよね。その時、この声をもっとたくさんの人に知ってほしいなって思ったんです。それで会ってみたら、人間も面白かった(笑)。

引用元:CINRA

玉井健二さんがAimerさんに会ったのが2010年頃で、藤本恵美さんが玉井健二さんのプロデュース曲『play』を歌ったのも2010年。

やはりAimerさんと藤本恵実さんが同じ人物である可能性は非常に高そうです。

また、自身の名前のAimer(エメ)が、もともとのあだ名から由来しているのではないかとも考えられています。

本名の『エミ』を『エメ』と呼んでいた可能性はありそうですし、アーティスト名に本名をもじって用いることもよくあります。

以上のことから、Aimerさんの本名が藤本恵実である可能性は高いと考えられます。

Aimerと藤本恵美の顔画像を比較

現在のAimerさんの写真と、藤本恵美さんの写真を見比べてみました。

下↓の動画が現在のAimerさんです。

もくじ