小田原屋(白山)のすき焼き袋のレシピと通販お取り寄せ情報!場所やメニューも

小田原屋(東京白山)のすき焼き袋のレシピと通販お取り寄せ情報!場所やメニューも

東京白山にあるお惣菜屋さん『小田原屋』のすき焼き袋のレシピが知りたいです!
ネット通販でもお取り寄せできますか?

この記事の内容
  • 小田原屋のすき焼き袋レシピ
  • 小田原屋のすき焼き袋購入方法

小田原屋さんのすき焼き袋、一度食べてみたいですよねー。
すき焼き袋の作り方を5代目の村山権一さんが『情熱大陸』で教えてくれたのでお伝えしますね!

この記事では、東京都文京区白山上にある『小田原屋』のすき焼き巾着のレシピと、ネット通販について紹介します。

もくじ

小田原屋(東京白山)のすき焼き袋レシピ

テレビや雑誌でたまに取り上げられる東京の惣菜屋『小田原屋』のすき焼き袋。

5代目の村山権一さんが開発した「2日目のすき焼き」の味を再現した「すき焼き袋」は絶品で超人気のお惣菜!

1日40個しか作れないので、午前中に売り切れてしまうことが多いそう

『情熱大陸』は料理番組ではないため詳細な工程を教えてくれるわけではありませんでしたが、分かったことをお伝えしますね!

材料

  • 油揚げ
  • 牛肉
  • しらたき
  • シイタケ
  • 長ネギ
  • うずらの卵
  • うどん

割下

  • 醤油
  • みりん
  • 砂糖

※明確な分量は分かりませんでした。

作り方

  1. 油揚げを熱湯で油抜き
  2. うずらの卵を茹でる
  3. うどんは茹でなくてOK。冷凍うどんや袋麺をカットしてそのまま使う
  4. うずらの卵以外の具材を細切り、長さ3〜5cmくらいにカット
  5. 割下で具材を全て煮込む!
  6. 具材を油揚げに入れてつまようじで止める
  7. 煮こんだ時に使った煮汁に1晩寝かせて味を染み込ませる

ずぼらな人は市販の『すき焼きのタレ』と『水』だけで煮込んでも大丈夫だと思いますよ。笑

一晩寝かせるのが面倒であれば、煮汁で10分ほど煮込んで仕上げてもいいでしょう。
また、うずらの卵ではなく普通の茹で卵を半分入れてもOKですね!


小田原屋すき焼き袋はネット通販でお取り寄せできる?

小田原屋の『すき焼き袋』はオンラインではお取り寄せできないよです。

『すき焼き袋』を買いたい場合は、直接お店に来店するしかありません。

ただし、すき焼き袋以外のお惣菜であれば、ネット通販で購入可能なものもあります!

どの商品がお取り寄せできるかはホームページに記載されている商品の中から、直接電話で問い合わせしてくださいとのことです。

>>小田原屋公式サイト

  • 惣菜
  • 煮豆
  • 佃煮
  • 漬物
  • 干物

それぞれ商品がいくつかあるので気になる人はぜひ。

銀行振り込み、代金引換での購入になります。
商品到着は1〜2週間かかるそうなので、早めに連絡するといいですね!

店舗情報

【住所】東京都文京区本駒込1丁目1-30 白山上 向丘商店街
【電話】03-3811-4386
【営業時間】10:00~20:00 10:00~19:00の時もあり
【定休日】日曜日

小田原屋のすき焼き袋以外のメニュー

小田原屋ではすき焼き袋以外にもたくさんのお惣菜があります!

商品は入れ替わることもありますが一部紹介しますね!

金額は全て税込価格です。

  • 中華サラダ 189円
  • ポテトサラダ 157円
  • にしん菜の花漬 324円
  • ホーレン草ごまあえ 105円~時価
  • 鶏レバーしぐれ煮 243円
  • にしん菜の花漬け 324円
  • いかいろり焼き 410円
  • うなぎ串焼き 280円
  • ザーサイしぐれ 194円
  • さば味噌煮 283円
  • さつま揚げ五目煮 237円
  • 塩らっきょう 231円
  • 白菜キムチ 147円
  • 梅干しにんにく 598円
  • 野沢菜漬け 367円

メニューは、ほんの一例です。
美味しそうなメニューが他にも沢山あります。
惣菜だけでなく、佃煮や煮豆、干物もありますよ!


【まとめ】小田原屋のすき焼き袋のレシピとネット通販について

東京都文京区白山上の『小田原屋』について紹介してきました。

すき焼き袋はお取り寄せができないようなので、お店に買いに行けない人はレシピを参考にぜひ家庭で作ってみてくださいね!

もくじ