田中希実の父親(田中健智)の陸上経歴や出身大学!コーチの仕事やマラソン大会の成績をチェック

田中希実の父親(田中健智)の陸上経歴や出身大学!コーチの仕事やマラソン大会の成績をチェック

陸上の田中希実さんの父親・田中健智(かつとし)さんのプロフィールや経歴について紹介します。
父親は田中希実さんのコーチ兼マネージャーです!

この記事の内容
  • 田中健智の年齢などwikiプロフィール
  • 田中健智の出身大学
  • 田中健智の陸上経歴や戦績

田中希実さんの父親・田中健智(かつとし)さんも長距離ランナーで、今はランナーを育成したりマラソン大会をサポートする仕事をしています。

プロフィールや経歴について紹介します!

もくじ

田中希実の父親・田中健智のプロフィールや経歴

田中希実さんの父親でもありコーチでもある田中健智(かつとし)さんのプロフィールや仕事について紹介します。

田中健智の年齢や大学などプロフィール

名前田中健智
(たなかかつとし)
誕生日1970年11月19日
年齢51歳(2022.7月時点)
出身地兵庫県
出身大学不明
職業コーチ、ランニングクラブ『Athtrack株式会社』経営

田中希実さんは1999年9月4日生まれなので、父親が29歳の時に生まれたことになります。

父親・田中健智さんは、学生時代から陸上選手だったようですが出身高校や大学、大学時代の成績は明らかになっておりません。

ただ、社会人になってからランナーとして活躍していたので、高校や大学でも陸上選手だったのは間違い無いでしょう。

実業団のランナーとして活躍した経歴だけが残っているので紹介しますね。

田中健智の経歴や陸上成績

田中健智さんは川崎重工に所属していました。

川崎重工は建設機械や油圧ポンプの会社ですが、社内には陸上競技部やバスケ、テニス、ラグビーなど色々な部活動があります。

田中健智さんは川崎重工の実業団チームに所属し、主に3,000m障害の選手として活躍。

3,000m障害では、日本選手権にも出場されるほどの実力の持ち主でした。

1993年の『第47回福岡国際マラソン』では、一般の平均タイムが4時間30分のところ、2時間23分02秒(45位)という陸上選手ならではのすごい記録を打ち出したこともあります。

45位でしたが、福岡国際マラソンはオリンピック日本代表選手の選考競技会でもあるほど有名な大会なので、参加者はハイレベルなアスリートばかりなんです。

そんな大会に出場しているだけでもすごいですよね!

もしかしたら高校や大学時代は、陸上の長距離選手としてオリンピックを目指していたかもしれません。

田中希実さんの両親は共に長距離陸上選手なので、血筋や鍛えられ方が違います。

本人の努力ももちろんありますが、父親である田中健智さんのコーチ力のおかげであることも間違いありません。

娘である田中希実さんがオリンピック出場を叶え、世界陸上でも大活躍する姿を見てとても幸せに違いないでしょう!

田中健智の仕事

田中健智さんは娘・田中希実さんのコーチ兼マネージャーを務めていますが、アスリートを育成するための会社を経営しています。

2006年9月に、『アスレック』というランニングクラブを設立。

ランニング教室やランニングイベントの企画したりして、走ることの楽しさやランナーの育成を行ってきました。

2019年には、『株式会社 豊田自動織機』のトラッククラブの専属コーチに就任。

豊田自動織機には、娘の希実さんや後藤夢さんが所属しています。

引用元:スポニチAnnex

2021年4月に、『アスレック』から『ATHTRACK株式会社』に社名変更し法人化しました。

アストラック株式会社の主な業務内容は以下です。

  • 陸上競技クラブチームのコーチング
  • ランニングイベントの企画、運営、サポート
  • ゲストランナーの派遣
  • 中小規模のマラソン大会、駅伝大会、ランニングサークルなどの記録計測のサポート

コーチをしながら会社を経営して、陸上競技選手の育成だけでなく、陸上競技自体の業界に貢献。

田中希実さんの父親は、このように陸上界で大活躍されています!

田中希実さんの日本記録更新は、父親の影響をとても受けていることがよく分かりますね。
努力+指導力!


田中希実とコーチである父親のエピソード

もくじ