戸塚優斗の亡き兄と第2の母親とは?兄弟両親など家族みんなスノーボード経験者?

戸塚優斗の亡き兄とは?父親母親も家族みんなスノーボード経験者ってホント?

戸塚優斗さんの兄弟について知りたいです。
兄弟や両親もスノーボード経験者なんですか?

この記事の内容
  • 戸塚優斗の兄とはどんな人?
  • 戸塚優斗の父親母親はどんな人?
  • 第2の母親とはどんな人?

今回は戸塚優斗さんの家族構成について紹介していきたいと思います。

ジャイブ

兄弟や両親はどんな人なのでしょうか。調べてみると辛い別れもあったようです。

もくじ

戸塚優斗の亡き兄とは?兄弟について

戸塚優斗さんのお兄さんが亡くなったと言われていますが、実は戸塚優斗さんには兄弟がいません。

一人っ子なんです。

亡き兄と言われている人は、兄と慕っていた7歳年上のスノーボード選手・柳原真央さんという方です。

戸塚優斗さんと柳原真央さんは、2人ともスノーボードのヨネックスの契約ライダーです。

戸塚さんが小学校3年生の時に、柳原さんに西東京市のスノーボードショップ「HEAVEN STORE」を紹介してもらい、同じショップチームとして師弟関係の仲でもあったそうです。

兄のように慕っていた柳原真央さんは、17歳という若さで亡くなってしまいます。

2011年12月に、愛媛県で開催される大会に向かう途中に高速道路で交通事故にあってしまいました。

ジャイブ

同じ大会に出場していた戸塚さんは当時10歳で、表彰式のときに事故の事実を知り言葉がでないほどショックを受けたそうです。

戸塚優斗さんは2018年平昌(ピョンチャン)オリンピックに出場する際の取材で、柳原さんのことをこう語っています。

「滑り、技、生活面、礼儀とかを習いました。あいさつが小さいってずっと怒られていた。感謝もあるし、そういう気持ちを忘れずにやっていきたい」

引用元:スボニチ

戸塚優斗さんには兄弟がいませんが、血が繋がっていなくても兄のような厳しくて頼もしい存在だったんでしょう。

また、同じお店のチームだったショップ「HEAVEN STORE」に顔を出した時に、「もし真央くんが生きていたら一緒に五輪に出られたかもしれないね」とつぶやいたそうです。

2011年に亡くなってからも、慕っていた柳原真央さんが心の中にずっといるんですね。

柳原真央プロフィール
  • 生年月日:1994年11月17日
  • 享年:17歳(2011年12月3日)
  • 出身:神奈川県

2014年のソチオリンピック出場も期待されていた選手で、「2010/2011シーズン 日本スノーボード協会公認競技大会 ツアーランキング」でトップだった有力選手。

高校では校内トップの成績を持ち学業でも優秀な高校生だった。


戸塚優斗の家族!父親と母親について

戸塚優斗さんは一人っ子なので、父親と母親の3人家族です。

  • 父親:?
  • 母親:スノーボード経験者
  • 戸塚優斗さん

戸塚優斗さんの両親はスノーボード一家なのですが、どんな父親と母親なのか紹介しますね。

戸塚優斗の父親

戸塚優斗さんの父親については全く情報ありませんでした。

世界トップのスノーボーダーの父親ですから、スノーボードに無関心な訳はないと思います。

幼少の頃から家族で雪山に行っていたそうなので、おそらくスノーボード経験者だと思われます。

ジャイブ

戸塚優斗さんの口から父親に教わったという話は出てきていないので、経験値の高いスノーボード選手というわけではなさそうですね。

戸塚優斗の母親

戸塚優斗さんは3歳の頃にスノーボードを始めますが、最初は母親に無理やりやらされたそうです。

小学生時代は泣きながら練習していたこともあったようなので、スノーボードを続けられたのは本人よりも母親が熱心だったからでしょうね。

母親はスノーボードが大好きらしく、ハーフパイプにも入っていたレベルだとか。

ジャイブ

もしかしたら母親はプロスノーボーダーが夢だったのかも。その夢を息子に託したのかもしれません。

母親による幼少期からの英才教育があったからこそ、戸塚優斗さんは世界の頂点に辿りつきます。

親にやらされていた感覚でいたスノーボードは楽しくなかったそうですが、高校1年生のときにワールドカップに勝ち、ナショナルチームに入ったことで変わっていったようです。

片山来夢選手や平野歩夢選手と出会って一緒に滑るようになってから楽しくなったそうですよ。

ジャイブ

泣いている我が子に練習させるのは親として相当辛かっと思いますが、今は幸せな気持ちでいっぱいでしょうね!

いまではスポンサーがいっぱいついて年収も何千万とか!

戸塚優斗さんの年収やルーティンについて紹介した記事も時間のある時にどうぞ。

戸塚優斗のもう1人の母親

戸塚優斗さんにはもう1人の母親がいると言われていますが、実の母親ではなく幼少期からコーチをしてくれているスノーボードの育ての親です。

母親的な存在のコーチは、三井真紀さんという元プロスノーボーダーです。

ハーフパイプの世界ではとても有名な選手で、ヨネックスのキャンプでコーチをしていた時に戸塚優斗さんと出会いました。

三井真紀さんはスノーボードの技術だけでなく「挨拶の仕方」や「野菜を食べる」といったことまで教えていたそうで、まさに母親のような存在。

戸塚優斗さんは会うたびに「おかぁーさーん!」と呼んでいたほどです。

三井真紀さんも「第二のお母さんのつもり」とインタビューで話されています。

ジャイブ

熱心な母親が2人もいたことは、戸塚優斗さんの今にかなり大きな影響がありますね!

三井真紀プロフィール
  • 名前:三井真紀
  • 生年月日:1974年3月14日
  • 年齢:47歳(2022年1月時点)
  • 出身地:東京
  • 職業:元プロスノーボーダー

【まとめ】戸塚優斗の家族構成まとめ

戸塚優斗さんには兄弟がおらず一人っ子で、父親と母親の3人家族です。

兄のように慕っていた7歳年上のスノーボーダー柳原真央さんがいましたが、戸塚さんが10歳の時に亡くなってしまいました。

辛い思いを乗り越え、母親と第2の母親からのスノーボード教育に耐え、今の強い戸塚優斗さんが作られたのでしょう。

楽しくなかったスノーボードがいつしか天職になり、世界を獲るまでに。

これからも戸塚優斗さんの活躍に大いに期待したいですね!

戸塚優斗さんに関係する他の記事も良かったらチェックしてみてくださいね。

もくじ