戸塚優斗の年収とスポンサーがすごい!必勝ルーティンとトリプルコークの動画を紹介

戸塚優斗のスポンサー14社や年収!必勝ルーティンとトリプルコークの動画を紹介

戸塚優斗選手の年収やスポンサーが知りたいです。
どんなルーティンでこれまで飛んできたのでしょうか?

この記事の内容
  • 戸塚優斗のスポンサー
  • 戸塚優斗の年収
  • これまでの必勝ルーティンを紹介
  • トリプルコークの動画
ジャイブ

戸塚優斗選手のスポンサーはヨネックスが有名ですが、ヨネックス以外もいくつもスポンサー契約しているので年収がすごいことになっています。

はじめにスポンサーと年収を紹介します。

これまでのルーティンを知りたい方はこちらをクリックして飛んでくださいね。

もくじ

戸塚優斗のスポンサー14社

戸塚優斗選手のスポンサーは以下です。(2022年1月時点)

  • ヨネックス社 (ボード板・ウエアー) 
  • DEELUXE (ブーツ)
  • カーメイト (バインディング)
  • SMITH (ゴーグル)   
  • 株式会社ガリウム (ワックス)
  • ニューエラジャパン (ジャージ)  
  • キャラファクトリー (チューナップ) 
  • FULLMARKS (グローブ)
  • Monster Energy
  • HEAVEN STORE
  • 株式会社プラス 
  • 株式会社志紅急便 
  • 中部スノーアイアンス株式会社(高鷲スノーパーク) 
  • 有限会社フルマークス 

スノーボードに必要なものはスポンサーから全て提供されているようですね!

メインスポンサーはヨネックスです。

戸塚優斗選手は小学校3年生の時からヨネックスのジュニア育成プログラムに参加しており、現在もヨネックススノーボードチームに所属しています。

ヨネックスと言うとテニスやバトミントンのイメージが強いですが、自社工場で作っているスノーボードの板はとても高品質でプロの間でも評価が高いんです。

戸塚優斗選手はヨネックスの「REV」という高性能なハイスペックモデルを使用しています!



戸塚優斗の年収

戸塚優斗選手の年収は公開されていませんが、2,000万円〜4,000万円ほどだと思われます。(2022年1月時点)

スノーボーダーの主な収入源は以下です。

  • 大会賞金
  • スポンサーの契約金
  • CMなどの広告出演
  • インストラクター

大会賞金に関しては、国内大会の優勝なら10万円〜50万円ほど、海外の大会だと100万円くらい、X Gamesなどの大会で優勝すれば500万円などです。

ですが、優勝と2位以下ではだいぶ大きく違います。

戸塚優斗選手は2021年が1番獲得賞金額が多かった年ではないでしょうか。

X Gamesやワールドカップなど世界の大きな大会でいくつも優勝したので、大会賞金だけで1000万円は稼いだと予想されます。

ジャイブ

でも大会賞金だけでは大きな収入は見込めませんし、常にメダルが獲れるわけではないのでかなりバラツキがありますね。

なので、戸塚優斗選手の大きな収入源はスポンサー契約料や広告出演料などになってきます。

スポンサーがとても多いですよね!メインスポンサーのヨネックスの商品広告やイメージ広告にも出演しているので、スポンサー料は相当だと思います。

大会賞金も含め年収は少ない時で2000万円、スポンサー料や大会以外の収入が多ければ3000万円や4000万円になるのではないでしょうか。

また、戸塚優斗選手の影響力やブランド力が強まれば、スポンサー料金のUP、メディア出演、商品広告などで億近くを稼ぐ可能性がありますよ。

戸塚優斗のルーティン

戸塚優斗選手のトリックのルーティンを紹介しますね!

2019年2月 FIS世界選手権(ユタ州)

銀メダルを獲得した世界選手権の2本目。

フロントサイド・ダブルコーク1440→キャブ1080→フロントサイド・ダブルコーク1260→バックサイド900→フロントサイド・ダブルコーク1080

2020年2月 BURTON US OPEN(コロラド州)

US OPENで初優勝!日本人として4人目!

前半のミニパイプでは、
マックツイスト・ジャパン→バックサイド・アーリーウープ540ステイルフィッシュ
後半のパイプでは、
フロントサイド・ダブルコーク1440インディ→キャブ・ダブルコーク1260クレイル→スイッチバックサイド・ダブルコーク1080インディ

もくじ