18歳成人年齢引き下げ理由とメリットデメリット!お酒や成人式など何が変わるか解説

成人年齢18歳のメリットとデメリット!引き下げ理由やお酒や成人式など何が変わるか解説

成人年齢が18歳に引き下げられるのはなぜですか?
メリットとデメリット、お酒やタバコなど変更内容を教えてください!

この記事の内容
  • 成人年齢引き下げの理由
  • 成人年齢引き下げのメリット&デメリット
  • お酒やタバコ、国民年金はどうなる?
  • 成人式は18歳?20歳?
ジャイブ

2022年4月から成人年齢が20歳から18歳に引き下げられることで、何が変わるのかをこの記事で解説しますね。

最初に成人年齢引き下げの理由やメリットとデメリットの説明をし、そのあとにお酒やタバコ、成人式などのことについて説明します。

もくじ

成人年齢18歳の引き下げ理由

成人年齢がいつから変わるかというと、2022年4月1日からです。

成人年齢が18歳に引き下げられる理由は以下です。

  • 選挙権が18歳だから(2016年に20歳から引き下げられた)
  • 18歳,19歳を大人と認め、個人の意思を尊重し積極的な社会参加を促すため
  • 世界のほとんどの国が成年年齢を18歳としているから

日本では明治9年(1876年)から成人年齢は20歳とされてきましたが、先進国では18歳からを成人扱いする国の方が実は多いんです。

成年年齢18歳の海外の国をいくつか紹介します。

【あ行】
アイスランド
アメリカ合衆国(一部の州は19歳や21歳などもある)
イギリス
イスラエル
イタリア
インド
エチオピア
オーストラリア
オランダ
【か行】
ガーナ
カナダ(一部の州を除く)
カンボジア
ギリシャ
クロアチア
ケニア
コロンビア
【さ行】
サウジアラビア
ジャマイカ
スイス
スウェーデン
スペイン
【た行】
チェコ
チリ
デンマーク
ドイツ
トルコ
【は行】
ハンガリー
バングラディシュ
フィンランド
フランス
ブラジル
ベトナム
ベルギー
ポーランド
ポルトガル
【ま・ら行】
マレーシア
メキシコ
モンゴル
ルーマニア
ルクセンブルク
ロシア

これは一部です!世界の8割くらいが成年年齢を18歳としていて、20歳以上と制定している国のほうが圧倒的に少ないんです。

ジャイブ

個人的には日本の18歳は海外の人と比べると精神的に幼ない気がするんですけどね。制度が変われば自覚もそのうち変わってくるとは思いますが、最初は心配ですね。

次は、成人年齢が18歳に引き下がることによるメリットとデメリット、問題点について説明します!


成人年齢引き下げのメリットとデメリット

成人年齢が18歳に引き下げられることで、18歳になったらできる主なことは以下です。

  • 携帯電話の契約
  • アパートを借りる契約ができる
  • クレジットカードの作成
  • ローンを組める(自動車やスクールなど)
  • 10年間有効のパスポート取得
  • 性別の変更
  • 結婚可能年齢が男女ともに18歳になる
  • 公認会計士や司法書士などの国家資格を取ることができる
ジャイブ

大人になるといろいろな契約が1人でできるようになります!
では、どのようなメリットやデメリット、問題点などがあるのか説明しますね。

引き下げのメリット

  • 親権から離れられるので自立しやすくなる
  • 性別の悩みから解放される
  • 成人18歳の2人の意思だけで婚姻届が出せる

18歳になればさまざまな契約を1人で行うことができるようになるので、自分の意志で住居や進路などを決定しやすくなります。

これまでは保護者の許可がないと部屋を借ることができず、仕事をするためにも許可が必要な場合がありました。

また、女性の婚姻開始年齢が16歳から18歳へ引き上げられますが、成人であれば親権者の同意書なく2人だけで婚姻届が出せます。

ジャイブ

大人になることで自分の生きる道を自分で決めらるようになります。早く自立したい人や自分らしく生きたいという人には、年齢引き下げはメリットがありますね!

引き下げのデメリット&問題点

  1. 親の同意なしに1人で契約ができるので悪徳商法や詐欺の被害が拡大するかも
  2. 離婚した夫婦の養育費の支払いが「成人するまで」が20歳から18歳になるケースも
  3. 自立できない若者の困窮の増大

1つずつ説明したいと思います!

①:悪徳商法や詐欺の被害が拡大する恐れ

18,19歳でローンが組めるようになり、判断力や知識の乏しい人たちが悪徳商法のターゲットにされる可能性があります。

18歳、19歳はこれまでは未成年者だったので、親の同意無く高額商品の契約や購入をしても、未成年者であることを理由に親が契約を取り消したり払い戻しの請求をすることができました。

しかしこれからは18歳、19歳は成人扱いなので契約や購入は全て自己責任となります。

18,19歳が締結した契約に、親が取り消しを申し出ることができなくなるんです。

ジャイブ

18歳は多感で興味関心ごとの多い年齢です。
ダイエットサプリメントや美容医療、エステ、全身脱毛、芸能スクールなどの金銭トラブルに巻き込まれないか心配ですね。

また最近では、投資やネットビジネスなど儲け話によるトラブル、悩みにつけ込んだカウンセリングやセミナーなど世間知らずな若者を狙った手口もあります。

②:養育費の支払いが短くなる恐れ

養育費とは、子どもが経済的に自立することが期待できない場合に支払われるものです。

離婚した場合は、これまでは大学卒業までや20歳まで支払うといったケースが多かったはずです。

成人年齢が18歳になった=養育費の支払いは18歳まで

という離婚時の取り決めは今後増える可能性はあります。

ですが、取決めがされた時点では成年年齢が法的に20歳であれば,成年年齢が18歳に制度が変わっても20歳まで養育費の支払義務を負うことになるでしょう。

心配な場合は離婚相談した時の弁護士さん、または市や区で紹介してもらえる弁護士さんなどに相談するといいと思います。

もしこれから養育費について話し合うのであれば、具体的に「一般的に大学を卒業する22歳の3月まで」と明確に決めておくのがおすすめです。

ジャイブ

今後は18歳は大人扱いになるので、「高校を卒業する18歳の3月まで」となる取り決めは増えるかもしれませんね。

③:自立できない若者の困窮が増える恐れ

18歳になったら両親に面倒を見てもらえず路頭に迷う若者が増える可能性もあります。

家庭の事情で家を追い出されたり、精神的に未熟で社会に適応できない若者がこれまでより増えるかもしれません。

ジャイブ

早く自立したい人にはメリットですが、18歳ではまだ自立心が養われていない人も多くいます。

問題点への対応や施策

18,19歳を成年扱いするのであれば、本人たち任せにすることなく社会や国がサポートしていかなければいけません。

  • 日本は安全な国だが、社会には悪い人もいることを教える教育や知識の共有が大切
  • ローンやクレジットカード、キャッシングなどの審査基準の厳格化
  • 消費者を守る法律の改正
  • セミナー商法や投資用教材、マルチ商法などを取り締る法律の改正

18歳で責任持って行動できたり、社会の役に立つよう行動できる人は少なく、判断力や知識量にも個人差がとてもあります。

国や自治体、学校などが自立をサポートしたり、相談を受けられる体制を整えたり教育することが大切になってくるでしょう。

ジャイブ

また、家庭内での教育も少なからず大切です。子供や学校任せではなく、教えられることは少しでも教えてあげるといいですよ。

成人年齢18歳でお酒やタバコ、国民年金はどうなる?

以下はこれまで通り20歳からOKで変更はありません。

  • お酒
  • タバコ
  • 公営ギャンブル
  • 国民年金

飲酒や喫煙に関しては、健康被害のことを考えてのことなのでこれまで通り20歳以上のままなんです。

ジャイブ

アメリカの多くの州では喫煙とお酒は21歳からなんですよ。以前は喫煙は18歳から可能だったのでまだ18歳から可能という州も一部あります。
州ごとに年齢制限が異なったり、宗教によって細かい特例があったりもします。

競馬、競輪、競艇、オートレースなどの公営ギャンブルは成人年齢引き下げとは関係なく、これまで通り20歳からです。

ですが、パチンコについては現在も改正後も18歳から可能となっています。

国民年金の支払いもこれまでどおり20歳以上からの対象で変更ありません。


成人式は18歳と20歳どっち?

成人式は自治体ごとの判断に任されています。

18歳で成人式を行う地域や、20歳で成人式を行う地域に分かれてくるでしょう。

すでに決めている自治体もありますが、まだ検討中が多いので、お住まいの県や市の発表を待ってくださいね。

ただ、18歳が成人式を行うことには1つ大きなデメリットがあります。

高校3年生の1月に成人式に参加することになるので、受験や就職活動に支障が出ないかという心配です。

成人を祝っている場合ではなく、人生を賭けた戦いに挑もうとしている人もいるはずです。

なので、これまで通り大学に入ったり社会人になってしばらくたった20歳がいいのかもしれません。

その場合は「成人式」の名称が変わるかもしれないですね!

2023年の成人式は18歳・19歳・20歳の同時開催?

問題なのは初年度(2023年)の成人式です。

20歳の人たちは成人式を行うことに変わりはありませんが、18,19歳の人たちもやるの?ということです。

2022年4月1日からは、18、19歳の人たちも成人扱いですからね。

具体的には次の方法が考えられます。

  • 2023年1月の成人式に、18歳から20歳の人すべて(3学年分)を対象に行う
  • これまで通り20歳になった年代だけを対象に実施する

18歳で成人になったから成人式に出るの?という疑問が出てきますが、これも各自治体での対応に任されています。

ジャイブ

もし3学年を対象にした場合はすごい人数になりそうです。式の会場を分ける可能性はありますね。
ただ、念のため着物のレンタルや着付け、ヘアメイクの予約などは通常よりも早めに済ませておくといいかもしれません。

まとめ:成人年齢18歳のメリットとデメリット

2022年4月1日から変更となる、成人年齢の引き下げについて以下の内容で解説してきました。

  • 成人年齢引き下げの理由
  • 成人年齢引き下げのメリット&デメリット
  • 18歳に引き下げることで起きる問題点
  • お酒やタバコ、公営ギャンブル、国民年金は20歳のまま
  • 成人式は18歳か20歳かは各自治体による

自立しやすくなるというメリットもありますが、その反面、情報弱者を狙った金銭トラブルや犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

デメリットや問題点に対して国や社会がサポートできれば、18歳への引き下げへの不安は緩和するのではないでしょうか。

最初は戸惑いやうまくいかないこともあると思いますが、メリットを多く活かせる制度になることを願っています!

もくじ
閉じる