北京オリンピック2022の新種目と競技一覧!廃止競技はある?

北京オリンピック2022の新種目と競技一覧を紹介!廃止競技はある?

冬季北京オリンピックに追加された新しい競技は何ですか?
廃止競技も分かる種目一覧が見たいです。

今回は、冬季北京オリンピック2022の競技種目について紹介します!

新種目は7つで、種目数は前回大会の102から109種目になりました。廃止競技はありません!

この記事の内容
  • 北京オリンピック2022の新種目
  • 競技種目の一覧
ジャイブ

新しい種目を知って冬季北京オリンピックを楽しみましょう!
109種目を競技一覧でも紹介しますよ。

もくじ

北京オリンピック2022の新種目7つ

冬季北京オリンピック2022で、前回大会(2018年平昌オリンピック)から新たに追加された7つの種目は以下です。

  1. ノルディックスキーのジャンプ混合団体
  2. フリースタイルスキーのビッグエア男子
  3. フリースタイルスキーのビッグエア女子
  4. フリースタイルスキーのエアリアル混合団体
  5. スピードスケート・ショートトラック混合リレー
  6. スノーボードクロス混合団体
  7. ボブスレー女子1人乗り(モノボブ)

7つの種目が増えましたが、もともとの競技に混合団体が加わったものが半分ほどあります。

種目が増えれば、オリンピックに参加できるチャンスも増えます。

1つずつ簡単に説明していきますね!

①:ノルディクスキーのジャンプ混合団体

ノルディックスキーのジャンプは、つま先だけをスキー板に固定し、遠くへジャンプする競技です。

“いかに遠くへ、美しく飛べるか” を競います。

1998年長野オリンピックで、日本男子団体が逆転優勝したノルディックスキージャンプ。

女子が参加できるようになったのはわずか数年前なんですよ。

  • 2014年:ソチオリンピックでノルディックスキー女子個人がオリンピックに採用
  • 2019年:ノルディック世界選手権で女子団体が追加
  • 2022年:北京冬季オリンピックで混合団体がオリンピックに採用

勢いのある小林陵侑や、世界有数の実績を持つ高梨沙羅のダブルエースが日本チームにいます。

日本がメダルを取る可能性が高い新種目です!

②③:フリースタイルスキーのビッグエア男子&女子

北京オリンピック2022では、フリースタイルスキー競技は13種目あり、そのうちの2種目がビッグエア男子と女子です。

フリースタイルスキーはこれまでは以下の10種目でした。

  • 男女エアリアル
  • 男女モーグル
  • 男女スキークロス
  • 男女ハーフパイプ
  • 男女スロープスタイル

次に紹介する「エアリアル混合団体」を入れて、フリースタイルスキーが13種目になります。

新種目として加わる「ビッグエア」とは、エクストリームスポーツの1つです。

スキージャンプのような急な斜面を滑り降りて、空中に飛び出しエア(技)を競います。

ビッグエアの魅力は、スキー板2本をクロスさせたり、様々なグラブをしたりできる自由度の高さで、回転技はとても派手で盛り上がります!

もくじ
閉じる